ノコア 楽天

ノコアは楽天で買うのがお得なの?一番お得な買い方は?

ノコア 楽天,ノコア 薬局,ノコア Amazon

気がつけばできていた妊娠線、肉割れに、今人気なのがノコアのアフターボディトリートメントクリームです。

 

様々な雑誌に掲載されていますので、目にして気になっている人は多いのではないでしょうか。

 

ノコアは楽天にも取り扱いがあります。

 

楽天で買うのがお得なのか、他にもお得な買い方があるのか紹介していきますね。

 

 

ノコアを楽天で購入するメリット

 

今、話題になっている妊娠線、肉割れのアフターボディトリートメントクリームですが、薬局、ドラッグストアなどでは売っていません。

 

DADWAY(ダッドウェイ)、ANGELIBE maternity&baby、rilassa(リラッサ)というお店で取り扱いがありますので、実物を手に取りたい方は店舗でチェックする方法もあります。

 

 

実店舗でも販売されているノコアはそれだけ指示されている商品です。

 

どうせならお得に購入したいですよね。

 

そこで、通販でお安く購入出来るイメージのある楽天、Amazon、そして公式サイトを比較検証しました。

 

 

楽天とAmazon の比較

 

●楽天 1本 6,980円+送料540円=7,520円

 

●Amazon 1本 7,780円 送料無料

 

Amazonは送料無料ですが、送料込みでは若干お値段が高めになっており、楽天がお安く購入出来ます。

 

 

 

楽天ポイント、カードがある人は楽天がおすすめ

 

楽天で2本まとめて買うことで、公式サイトと同じ値段で買えますし、楽天ポイントもつきますのでかなりお得です。

 

普段から楽天で買い物をすることが多い人、楽天カードを持っている人は、ポイントで購入することもできますし、購入金額分ポイントがつきますので、どちらにしても嬉しいですね。

 

またお買い物マラソンなど利用して購入しますとさらにお得な買い方ができます。

 

ただし、お試しで1本買う場合は送料がかかりますので、2本以上買うことが前提となります。

 

期間限定でもうすぐ消えてしまうポイントが結構あるという場合は、ポイントを使って2本セットを購入すると送料無料でお安く買えることになりますのでおすすめです。

 

 

 

ノコアをお得に購入するなら公式サイトの定期便がダンゼンお得

 

一番お得なのは、公式サイトの定期便です。

 

 

公式サイトでは

 

●1本の価格 6,980円(税込み)

 

定期便は、
●2本の価格 12,960円(税込み/送料無料)

 

 

1本では効果を感じられないという方もいらっしゃいます。

 

30代で肌のターンオーバーは40日程度とも言われていますので、本気でケアするなら、2ヶ月は使用できる2本価格がオススメです。

 

 

ノコアはいつでも休止可能

 

ノコアの良いところは、通販商品にありがちな最低回数縛りが無いことです。

 

自分に合わない場合は、いつでも休止できます。

 

さすが商品に自信のあるノコアならではの対応ですね。

 

ノコアがお得に買えるノコア公式サイトはコチラをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ノコアの公式サイトはコチラ

 

ノコアの効果

 

ノコアの効果はどうなんでしょうか?

 

実際に使用された方の感想を口コミ情報として確認しましょう。

 

 

 

 

 

お腹が痒くかきむしるくらいに痒くなりました。

 

そこで、ノコアで試してみたら、塗ったその日から痒みが惹いてきました。

 

今まで塗っていた保湿クリームと全然違いますね。

 

お値段以上の価値があると思います。

 

【30代 女性】


 

 

 

 

 

ホホバオイルでマッサージしながら塗り、その上からノコアをサッと塗ってマッサージしてます。

 

もう3ヶ月くらいケアしていますが、市販の保湿クリームを使っても改善されなかった妊娠線が薄くなってきました。

 

値段に見合う価値がありますね。

 

【30代 女性】


 

 

 

 

 

10年以上前の肉割れ線の解消に取組んでいます。

 

朝晩2回塗ってマッサージ。

 

最初の2週間ほどでデコボコが薄くなってきたのを実感し、2ヶ月で一本使いきりました。

 

肌がスベスベで軟らかくなったので、それなりの効果があるとは思いますが、目に見える進捗はありません。

 

もっと早くケアしておくべきでした。
【40代 女性】


 

肉割れ、妊娠線、あきらめないで!【NOCOR(ノコア)】

 

ノコアの評判はいいですね。

 

昔、出来た妊娠線のケアは、長ければ難しくなるようです。

 

早めの予防とケアがオススメですね。

 

 

 

妊娠線はいつからできるの?できやすい人の特徴とは

 

 

妊娠線は「気がつけばできていた」という人が多いと思います。

 

お腹が大きくなってきますと自分ではお腹の下の方、お尻、太もものつけねなど見えづらく、また気がつきにくい場所にできますので注意が必要ですよね。

 

妊娠線は一体いつからできるのか、またできやすい人の特徴など調べてみました。

 

 

妊娠線ができやすいのは妊娠8か月以降

 

妊娠線ができる時期は人それぞれです。

 

体質、ケア、急激な体型変化などで人によってできる時期は違うからです。

 

妊娠後期はどんどんお腹が大きくなる時期で8カ月から臨月あたりにできる人が多いようですね。

 

また大きなお腹で見えにくい場所にできた場合など、妊娠線ができたことに気がつかず産後に気がつくということもよくあります。

 

妊娠5か月ぐらいからお腹が大きくなり始めますので、できる前から予防、ケアすることが大事ですね。

 

 

妊娠線ができやすい人の特徴とは

 

妊娠線は全ての妊婦さんにできるわけではありません。

 

できないままの人もいます。

 

妊娠線ができやすい人の特徴を見てみましょう。

 

 

小柄、細身の女性

 

お尻が小さい(骨盤が狭い)とお腹の前の方に膨らんでいくしかないので急激にお腹が大きくなります。

 

小柄、細身の場合は皮膚の面積も狭いので、その分皮膚の膨張が大きくなり妊娠線ができやすくなります。

 

 

多胎児の妊娠

 

胎児の人数が多ければ、その分お腹も大きくなりますので妊娠線ができやすくなります。

 

 

乾燥肌

 

肌が乾燥していると柔軟性がなくなります。

 

お腹が大きくなる時に肌に亀裂ができやすく妊娠線ができやすいのです。

 

 

肌が弱い

 

もともと肌が弱いと、お腹が大きくなる時に肌が引っ張られる力に耐えられず妊娠線ができやすくなります。

 

 

皮下脂肪が多い

 

皮下脂肪は横に引っ張られた時の弾力性に乏しいので、お腹が急激に膨らむ力には弱いのです。

 

お腹周りに皮下脂肪が多い、太っている人も妊娠線ができやすいです。

 

 

出産経験がある

 

出産経験があると、子宮が伸びやすくなっています。

 

2回目以降の妊娠はお腹が大きくなるスピードが速くなりますので、皮膚が追いつかず妊娠線ができやすくなります。

 

 

早目の対策をとることが一番

 

妊娠線はできる前に対策をして予防することが大事ですね。

 

妊娠線ができやすいのはお腹が大きくなる妊娠後期ですが、お腹が目立たないうちから、予防することです。

 

 

・急激に太らないようにする

 

・乾燥しないようにクリームなど朝晩塗る

 

 

など自分で気をつけることはできます。

 

 

つわりの時期はまだお腹が大きくなっていませんので具合が悪い時に無理にケアしようとしなくても大丈夫です。

 

安定期に入る頃から特に気をつけるようにしましょう。

 

 

ノコアがお得に買えるノコア公式サイトはコチラをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ノコアの公式サイトはコチラ


更新履歴
page top