ノコア 楽天

妊娠線初期からなめていたところ

ノコア 楽天,ノコア 薬局,ノコア Amazon

 

妊娠の初期から自意識過剰?舐めている部分がありました

 

 

6か月を過ぎた頃からスイカのような縦割れが出てくるようになって、義母に聞いたら妊娠線の出来始めだと教えてもらいました。

 

とにかくダイエットのようにマッサージしたり、引っ張ったりを繰り返しましたが、出てくるお腹に勝てませんでした。

 

 

子供の時から使っているクリームのニベアが、臭いも後の肌触りも安心していたので使う事にしました。

 

朝の起き掛けに塗る、お風呂上りに塗るを繰り返しました。

 

 

しかし妊娠線は濃くなるばかりでギリギリまで仕事をしていた私には、更衣室で着替えるのも苦痛に感じるようになりました。

 

 

しばらくは悩んで落ち込んでいましたが、主人の意見が自分の気持ちも変えてくれるようになりました。

 

妊娠は一人でしたのではない!俺も協力をする!との事でドラッグストアでボディークリームを購入してくれました。

 

塗るだけでは効果はないと主人に言われました、マッサージが大切だと言われました。

 

 

購入してくれただけではなくて、朝と寝る前の一日2回にマッサージをしがてら塗ってくれるようになりました。

 

臭いはさまざまで爽やかな臭いから甘い臭いまで、色々ありましたが日によって変えてくれてリラックス効果もありました。

 

 

ボディークリームとマッサージで妊娠線緩和

 

 

妊娠線は私の場合はお腹だけではなくて、体重の増加から太ももまでに出てくるようになりました。

 

一日のリラックスと浮腫みを予防する為にと、主人の行為に甘えてマッサージをしてもらっていました。

 

 

マタニティーの写真も最初の頃には自分でも醜いと諦めていましたが、主人のマッサージ効果で妊娠線が薄くなって期待をするようになりました。

 

ボディークリームに合わせて浮腫みが酷い時には、オリーブオイルを少量たしてのマッサージもありました。

 

 

足までもマッサージをしてくれるので主人に聞いた事があります。

 

「どうしてお腹の妊娠線を気にしているのに足をマッサージするの?」

 

 

帰ってきた返事はお腹が出てきたから妊娠線が出てくると思うけど、浮腫みもあると思うとの返事でした。

 

 

体全体の浮腫みがあるからお腹に集中すると主人の意見でした。

 

 

 

そういえばそうなのかな?と思うようになって、主人にはマッサージをして甘えるようになりました。

 

もちろん日中で自分でも主人と同じやり方で、マッサージをするようにしました。

 

 

そのお蔭だと思います、主人のネツトがネットで調べたり本を読んだり先輩に話を聞いてもらったお蔭だと思います。

 

妊娠6か月になった頃よりも臨月になった頃の方が、妊娠線の目立ちは全くありませんでした。

 

 

現在は肉割れは多少ありますが目立ってはいません、海外ではビキニに近い水着でも気にならない程です。

 

お勧めはアロマオイル配合のボディークリームです、日によって香を変えると気分転換にもなりました。

 

 

リラックス効果にもなるのでお勧めです。


妊娠線ケアをしていたのに

ノコア 楽天,ノコア 薬局,ノコア Amazon

 

妊娠前に温泉で妊娠線がくっきりしている女性を見かけて、そのお腹がなんとなくショックで(かわいい細身の女性だったからでしょうが)、妊娠線ができるのを恐れていました。

 

朝夕に化粧水を塗り、夜には顔用のシートマスク(しかもなるべく「しっとり」と書かれているものを選んで)を貼ってから、定番の「ママ&キッズ」のクリームをこってりと塗るなど、それはもう必死。顔にするよりも遥かに手厚いケアでした。

 

そろそろ9か月を迎えるころには、道をゆっくり歩いているだけで「陣痛!?」と声をかけられるくらいに大きなお腹だったのに、妊娠線なんて全然できないまま。おそらく(正しいかはさておき)このケアには効果があったのでしょう。

 

 

ある日スイカのような妊娠線

 

それでも、ある日、切迫早産と後期つわりと貧血のコンボで寝込むこと2日。起きたら赤い、ミミズ腫れのような模様がお腹に、しかもけっこうたくさんできていました。たったの2日。

 

そこでいったん心が折れ、ケアをやめてしまいました。

 

 

どんどん育って、もう「双子ちゃんですか?」と言われるくらいのサイズにまで育ったお腹。

 

皮が伸びに伸びたのでしょう、明らかに皮膚に問題が起きているのだろうなという痒みに耐えかね、ワセリンを塗ったりして対処しながら迎えた出産。ようやく中身が外界デビューを果たして楽になったお腹は……

 

縞模様になっていました。

 

 

スイカのような柄(?)。しかもお腹の皮はたるんたるん。見苦しいとまでは言いたくないけれど、なんだか萎れた感じで哀れ。

 

「かわいい子を産んだ勲章よ!」なんて助産師さんたちには慰められましたが、いやいや、お腹つるつるのお母さん方もかわいい子を産んでいるのよ……。

 

これはまずいと思って、密かに、でも切実に「ちょっとでも元の姿に戻れないかしら」と願いながらひたすら塗ったのは、昔お世話になった「バイオイル」。傷跡が薄くなるとして人気のオイルで、私自身もその効果を感じていたのでした。

 

 

祈りながらオイルを塗る日々

 

特に何の変化も感じないまま、でも何もしないのも怖くて「バイオイル」を塗り続けました。そして2年半後に2度目の妊娠。

 

妊娠線ケアは第一子のときと同じ内容でせっせと頑張ったのですが、もともとあった線が多すぎて、果たして妊娠線が増えたのか増えなかったのかは分からないまま出産。そして産後はひたすら「バイオイル」。

 

それから、いつの間にか4年が経ちました。塗っているオイルは「バイオイル」から、似たような効能を謳う「ビオオイル」に替えましたが(香りがいいから。効能に差は感じません)、オイルの効果か年月の力か、心持ち妊娠線が目立たなくなったような気はします。

 

でも「単に、見慣れただけかもしれないし」と、いまだに縞模様のお腹にせっせとオイルを塗り続けています。

 

いつかは「縞模様、けっこう消えてきたんじゃない?」と言える日が来ますように……。

 

 

>>妊娠線専用クリーム ノコアノレビューはコチラ<<


page top